出張マッサージは兼業できる

マッサージ師がホテル客室へ出張ででかけるケースは、1つのビジネスホテルから毎月15万のマッサージの売り上げが出せる模様。お店側おメリットは施術する場所などいらず家賃や光熱費が抑えられ、サロンいお金がかからず、開業費を抑えられます。出張出来た方、観光で来られた人を取り込めたり、地元の方も出張マッサージを利用する方を取り込めたりします。そして、出張もお店も療法してる時もありますが、ベッド、個室数は限られており、うまってしまうと対応できないですが、出張なら制限なくなりスタッフの人数は必要。お店側のでデメリットは移動時お金がかかり、車用意するときは車両費や駐車場代などがいり、場合によってドライバーも必要に。自転車のみなら行動範囲が狭く、出張用にオイルなど用意して持ってく手間がかかります。お客様の中で気分転換の動機でみなれた部屋でなくおしゃれな空間で受けたい人もいて、出張のみなら、そうした方を見込めないです。そして個室ルーム、出張マッサージ両方してますが、割合を見れば3等分する感じ。ビジネスホテルが約3割あり、自宅への出張や約3割、個室ルームに来るのが3割l。開業時いきなり車は買えなかったです。商売のことを考えれば燃費良いものがいいでしょう。

ホームに戻る